医者達

併用する

OKマークを出す女性歯科医

「白い歯」は、誰もが憧れるものです。近年における「歯」に対する意識の高まりと共に、この傾向は一層顕著なものになってきました。
特に、若い世代を中心として「ホワイトニング」治療を受ける方が増えてきました。一般的に「ホワイトニング」治療とは、歯科医院で歯を白くする治療のことを言います。
歯科医院で行なわれている治療を「オフィスホワイトニング」と呼び、我が国で最も普及している方法です。医師のカウンセリング後、歯のクリーニングを行ないます。
その後、歯科用の過酸化水素水を塗布し、光を当てます。この処置を数回繰り替えします。
その後、フッ素ジェル等を塗布し、治療が終了となります。この治療効果を更にあげるためには、「ホームホワイトニング」を併用することが望ましいと言えます。
自宅でマウスピースを使い行なう方法です。この方法を受けるためにも、まずは歯科医院での診察が必要です。
現在では多くの医院で、両方の治療を行なうことを勧めています。

「ホワイトニング」治療は、本来「審美歯科」治療にあたるものです。
そのため、少し前までは「審美」治療を行なっている医院だけが治療を行なっていました。
しかし、今日では一般歯科医院でも「歯を白くする」治療を行なうようになっています。
この治療は「健康保険」が適用されないため、自費での治療になります。
1本あたり1万円前後の費用が必要になります。
患者さん自身が、治療を受けたい歯の本数を決めることができるので、費用が明確で安心して治療を受けることができます。
「ホワイトニング」を行なうことは、好印象を与えることができ、自分に自信がつ持てるようになります。
歯へのコンプレックスが無くなり、積極的に生活できるようになります。
今後もこの傾向は一層強まり、更に多くの方が利用する治療になると考えられています。